琉球ガラス(泡盛のグラスやランプなど)を通販で|島ムン★チャンプルー

琉球ガラスの歴史

沖縄旅行の際に、お土産として琉球ガラスを使ったグラスを購入する方もいらっしゃるでしょう。伝統工芸品の1つに認定されており、琉球泡盛をたしなむのにピッタリです。見た目にも美しくカラフルな色合いの琉球ガラスには、どのような歴史があるのでしょうか。

アイコン

琉球ガラスの始まり

沖縄ではじめて、琉球ガラスが制作されたのは明治時代の中頃とも言われており、その当時に大阪や長崎から渡ってきたガラス職人によって作られたと言われています。型抜き法や宙吹き法と呼ばれる独自の手法を用いて、ランプやコップ、お皿などの実用品を制作しました。

アイコン

独自の進化を遂げた琉球ガラス

琉球ガラス

戦後の沖縄は甚大な被害の影響で、物資が圧倒的に足りなくなり街の様子も閑散としていました。明治時代から経営を続けていたガラス工場さえも、すっかり消え失せてしまったのです。そこで、戦争が始まる前まではガラス工場で製造作業をしていたスタッフたちが知恵を絞り、米国駐留軍が使った後のソーダやビール、コーラなどの空き瓶を上手くリサイクルし、新しい琉球ガラスを作りだしたのです。

その時代は、ガラスに混ざりこんでいる気泡はB級品の証とされて敬遠されがちでしたが、販売を続けるうち徐々に米国駐留軍からの指示を集めるようになり、需要が拡大し発展していきました。琉球ガラスの気泡や、コップの持つ厚みが不良品ではなくて独自の持ち味として認められたのです。沖縄が、琉球ガラスの新境地を開いた瞬間です。

アイコン

観光と併せて発展した琉球ガラス

琉球ガラス

1975年の沖縄海洋博覧会をキッカケに琉球ガラスのお土産としての需要が拡大し、それに伴って生産量も増えていきました。人気の上昇に伴って、制作風景を見学させたり説明を加えたりしながら商品の販売を行うなど、生産するだけであった工房形態に工夫を凝らしただけでなく、大型バス用の駐車スペースを設けるなど、観光客の受け入れ体制を整えたことによって結果的に生産が追いつかなくなるほどに売上を伸ばしました。

平成10年には沖縄県の伝統工芸品に認定され、現在は日用品やお土産品として、県内外の人々に親しまれています。誕生して間もないながらも、確かな歴史を持つ琉球ガラスを通販で購入する際は、ぜひ島ムン★チャンプルーの通販をご利用ください。

グラス類はもちろん、アイスペールやサラダボール、時計や箸置き、楊枝入れや花瓶など、琉球ガラスの魅力を活かしたバラエティー豊かな製品を通販で販売しております。やちむんや唐辛子みそ、豚みそ、もずく、コーレーグースなどの特産品も豊富です。

アイコン

琉球ガラスの通販なら【島ムン★チャンプルー】概要


サイト名 島ムン★チャンプルー
所在地 〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地3丁目9番地3号 田園ビル4階
電話番号 098-869-1439
メールアドレス hello@shimamun-champloo.com
URL http://shimamun-champloo.com
取扱商品 沖縄特産品・沖縄土産・琉球ガラス・やちむん・久米島味噌など
説明 琉球ガラスを通販でお届けする【島ムン★チャンプルー】です。泡盛用のグラス・お皿・花瓶・ランプなど様々な商品を取り扱っております。やちむん、沖縄土産や沖縄特産品も各種取り揃えておりますので、是非島ムン★チャンプルーの通販をご利用ください。
会社名 楽しいメディアカンパニーOKINAWA 合同会社
日本
都道府県 沖縄県
市区町村 那覇市

アイコン

コラム